開いているフォルダーの記録/開く

2016年11月3日(木)

macOSのFinderで開いているフォルダを記録して、開きたい時に開きます。

ダウンロード(7KB)Finderフォルダを記録・開く → 一時記録.scpt(2016-11-03-folder-rec-open.zip)



使い方

(1) スクリプトメニューから利用するのが便利だと思います。スクリプトメニューの使い方は省略します。
「一時記録.scpt」をメニューから選びます。

(2) メインダイアログで「記録」を選びます。


(3) Finderで開いているウインドウのリストが表示されるので、必要なフォルダを選びます。
ヒント:コマンドキーを押しながら複数選択すると選びやすいと思います。


(4) 開きたいと思った時は、メインダイアログで「開く」を選びます。
弱点:目的のフォルダの階層で名称変更されていたりすると開かないで無視されることです。


2016年11月28日(月)

Finder選択範囲の一時記録

macOSのFinderで最前面のFinderWindowでfをたくさんファイルを選択している場合に有効かと思いアップしてみました。

ダウンロード(7KB)Finder選択範囲の一時記録.scpt(2016-11-28-folder-rec-selection.zip)




トップページ



























アクセスカウンター